MUAY THAI EN TAILANDIA

現在はタイとして知られる、サMuay Thai 1イアムで生まれました。この王国の古都は1238年から1408年まで、スコータイに位置していました。

隣国のミャンマーやカンボジアに対して常に戦闘状態にあったとき、国は槍や剣の扱い、そして、短距離での戦いにおいて体を武器として使うことに対する、兵士の能力を引き上げることを強いられました。蹴りや、拳、膝、すね、肘をつかった打撃などの技、また、敵を倒すためのいくつかの方法はこの時に発展しました。この時期、ムエタイは欠くことのできない武術としてみなされ、王位につくための国王の経歴の一部となっていました。

その後の数世Muay Thai紀、この武術は発展を続けましたが、ナーラーイ国王(1604年-1690年)の統治下までは続きませんでした。この時期は平穏な時代であったとされており、ムエタイがプロスポーツとなった時期でした。試合は範囲を限定された場所で行われ、それは、試合の空間を示すために正方形の形をした床の上にロープを巡らせたものでした。ルールは簡単なもので、どちらか一方が残るまで、もしくはどちらか一方が降参するまで戦うというものでした。体重、身長、年齢に関する制限はなく、村々は互いに競争をし、賭け事が行われていました。

1774年、隣国ブルマの王でNai-Khanom-Tomあるウングアがラングーンの偉大な仏塔のための式典を行うことにしました。この式典にはボクシングもあり、国王のかかえるボクサーたちと戦わせるために捕虜となったタイのボクサーたちが連れてこられました。この年の317日、ナーイ・カノム・トムという、敵軍によって捕虜となった囚人が、戦いに挑み、アングア王のボクサー10人を次々と、試合の間に休憩を入れずに倒しました。これが、タイの外でムエタイの試合が行われた初めてのこととなりました。この成果により、ナーイ・カノムは“ムエタイの父”もしくは“ムエタイの創始者”の名誉を与えられました。そして、317日は今日に至るまで“ムエタイの日”として知られています。

ムエボーラン(古式Muay Thai 3ムエタイ)の起源

“古来のボクシング”というように訳されるムエボーランはムエタイの起源です。その歴史の跡をたどることは非常に難しいです。考古学的な証拠はムエボーランに似た格闘技が約2000年前から東南アジアで行われていたと示唆しています。この格闘技の創設と訓練は、おそらく古来の軍の目的のために発展しました。この様式が使われる試合は広く普及するようになりました。ドイ・ムエとして知られるようになった試合のようにです。この用語は現在、一般的なボクシングのために使用されます。Muay Thai 4

ムエボーランは、ムエ・タサオ(北部)、ムエ・コーラート(東部と北東部)、ムエ・ロッブリー (中部)、ムエ・チャイヤー(南部) に分けられていました。あるタイの文章があります。「コーラートのキーパンチャー、ロッブリーの才能、チャイヤーとムエ・タサオの姿勢」。ムエ・コーラートの視点は強さです。“バッファローの一撃”と呼ばれるある技があります。こう呼ばれたのは、一撃でバッファローを打ち負かすことができたためです。コーラートでは偉大な師範であるクルー・セーの教育が際立っています。Muay Khorat

www.muaythaidoctor.com

ムエ・ロッブリーの視点は、無駄のない動作です。その強みは、ストレートの打撃と回し蹴りです。ムエ・チャイヤーの技は防御の姿勢にあり、敵が打撃を受け止めることが難しいです。また、肘とひざをつかった大きな業績を残しています。

現在のムエタイ

現在のムエタイは世界中の国でスポーツとして行われています。その世界規模の普及は、ムエタイを広くなじみのあるスポーツに変え、競技人口の拡大はとどまるところを知りません。もっとも良いトレーニング場はタイにありますが、現在ではほかの国も同じような条件を備えています。特に、重量の大きい階級ではそれが顕著です。地中海沿岸諸国はアーネスト・ホーストやピーター・アーツ、もしくは8度世界チャンピョンに輝いた伝説のラモン・デッカー、その他にも自身の国で、正規のルールでタイ人と闘ってきた多くの格闘家を生み出してきた土地です。タイにおける伝説は、チャンピョンのブアカーオ・ポー・プラムックで、彼はその速さと足技が特徴的だった格闘家です。彼については、その蹴りは“馬の後ろ蹴り”以上に強烈だったと言われています。Buakaw Por Pramuk